menu

”WEB初心者専門” お客様を「ファンにする」WEBブランディグ型ホームページ制作

WEBで商品を販売を成功させる大切な視点は??

公開日:2020年12月06日 カテゴリー:WEB戦略 タグ:

WEBで商品を販売を成功させる大切な視点は??

 

■WEBで商品を購入するときの検索心理とは??

WEBから商品を購入する際の
WEB行動心理というものを
本日はお伝えいたます。

 

人はWEBから商品を購入するときに
自然とある行動を起こします。

 

それはWEB検索窓に複数のキーワード
入力するという行為です。

 

複数のキーワードを入力することによって
あなたは自分が欲しいと思っているサイトに
早くたどり着くことを自然と理解しています。

 

WEBサイト仕掛け者はその
ユーザーのWEB行動心理をしっかりと理解し、
WEBサイトを作り上げることが大切です。

 

そこにはWEB戦略の考え方が必要になります。
WEB戦略1つに「自分の強みを明確にする」
というものがあります。

 

■勝利の決め手は「他社との差別化」

それは「他社との差別化」を意味します。
「差別化」とは、
「他社とは違う、自分だけしかない
オリジナルの強み」のことを言います。

 

「お客様に選ばれる理由」

「お客様があなたを選ぶ理由」

という事です。

 

例えば、
あなたがWEBでポーチを購入しようと思います。

 

あなたはこんな感じのニーズ状態です。

・かわいいポーチが欲しい
・手作り感があるのがいい
・優しい感じのイメージポーチ欲しい
・丈夫なポーチが欲しい

というニーズがあります。
そして、あなたが起こすWEBから行動はこうです。

 

検索サイトで

「ポーチ 手作り かわいい 丈夫」

検索サイトではキーワードに沿った
WEBサイトは表示されます。

 

あなたは上位3つぐらいのサイトを閲覧し、

「あ!このポーチかわいい!」
「手作りで良い感じ!」
「私の求めているポーチだ!」

 

まず欲しい!という感情が先に動きます。
欲しい!感情が生まれたら、

「これいくらだろう?」という値段
検討に入ります。

 

そして自分が思っていたものよりも
やすい価格だったら即購入!!

 

髙かったら「購入検討段階」に入ります。
この「購入検討段階」においての決定ポイントが

他者との違い

「他社製品との差別化」
なのです。

 

■「お客様に選んでいただく理由」を明確にしよう

WEBサイトから商品を購入していただくことで大切なの視点は
「お客様に選んでいただく理由」
がきっちりWEBサイト内に掲載されているか?になります。

 

あなたもWEBサイトから商品を購入しているときは
自然と複数のサイトを閲覧し
自分が求める商品をだけを選んで購入しているのです。

 

そのサイトのトップページには
あなたが求めるキャッチコピーや
あなたが求める商品写真が掲載されています。

 

■ユーザーは1秒で判断する

サイトに訪問した1秒
あなたは「自分の探しているサイトだ!」という認識を行い、
もっと深くサイトを見てみよう!
という行動心理が生まれ、
サイト内を訪問するのです。

 

WEBで商品を販売するということは、
「あなたの商品はここにあります!」と
しっかり、ユーザーがサイト訪問した瞬間に、
「パッ!」と認識できないといけません。

 

ユーザーに向けた「他社製品との差別化」を
しっかり明記した表示を構築することが大切です。

WEB戦略一覧へ戻る】