menu

”WEB初心者専門” お客様を「ファンにする」WEBブランディグ型ホームページ制作

WEB戦略で大切な3つの項目

公開日:2021年01月19日 カテゴリー:WEB戦略 タグ:, , ,


 
WEB戦略で大切な3つの項目には
 
WEB戦略では 
①企業強み抽出
②選択と集中
③差別化

 
の3点が必須となります。
 
WEB集客における大切な戦略の3点をご説明いたします。

①企業強み抽出
USPという言葉があります。
USP(Unique Selling Proposition)の頭文字をとった単語です。
 
競合と比較した時に
自社しかない独自の強みを指します。
 
それはいわば
お客様が自社を選ぶ理由となります。
 
WEBの世界は情報が溢れています。
お客様は何が自分にとって良いのか?
迷い、不明な状態です。
 
「USP」は自社だけのオリジナルの強みを明確に示しだし、
情報過多のWEB世界で
あなたが必要としているものは自社です。
 
と示す武器となります。

・料金で一番
・質で一番
・フォローで一番
・保証で一番
・スピードで一番
 
自社だけの一番を明確にしましょう
 
②選択と集中
選択と集中とは
自社のリソース(資源)をどれかに選択し集中して実行することや、
お客様ターゲットを数多くの中よりその範囲に選択して訴えていくことが重要です。

特にWEBでは年齢、性別、地域、職業など関係なく
WEBユーザーはWEBを閲覧しています。

その中のターゲットを絞り
そのターゲットに響くキャッチコピーを見せることで
成果が上がるという考え方です。

選択と集中を実行しましょう。

③差別化
WEB戦略で総合的に使われる考え方が「差別化」です。
競合他社との違いを明確にし、
 
誰に、どの商品をどのエリアで販促をするかを
選択と集中する
 
この2つの考え方を明確化した物が「差別化」された考え方になります。
 
「差別化」とよく言われますが
きっちり差別化するまでには戦略思考が必要です。
 
WEB戦略における重要指標が「差別化」です。
 
実は「差別化」を簡単に打ち出す方法があります。
ぞれは既存のお客様に聞くことです。
 
「なぜ?うちの商品を購入していただいてるんですか?」
 
この質問の回答がお客様が選んだ理由です。
 
・品質が高いから。
・安いから。
・信頼できるから。
 
この答えを深堀りすることで
「真の差別化」の意味が捉えることが可能となります。
 
①企業強み抽出
②選択と集中
③差別化

 
明確にしましょう。
 

WEB戦略一覧へ戻る】