menu

”WEB初心者専門” お客様を「ファンにする」WEBブランディグ型ホームページ制作

Googleに認めてもらうために行う手段はコレです!

公開日:2021年01月23日 カテゴリー:WEBマーケティング タグ:,


■Googleの視点は常にユーザー視点
 
現在日本でGoogleを使っているユーザー割合は80%と言われています。
Googleはユーザーからの広告費で運営してる組織です。
ユーザーがGoogleに広告費を使ってくれないと利益が出ません。
 
ということはGoogleはユーザーに「Googleって使いやすいよね」
と思って頂く為に、
ユーザーにとって不信や不必要と思われるサイトは
検索しても出てきません。
 
嘘を書いているサイトや不信サイトですね。
Googleは常にユーザーに快適に使っていただく為に
 
ユーザー目線のアリゴリズム設計をしています。
 
SEO対策として今すぐできることは、
ユーザーにとって感動されるぐらいの高品質記事の掲載
が最も大切になります。
 
WEB検索ユーザーはGoogleで何かの課題や問題を解決したい
が為にWEB窓口にキーワードを入力します。
 
表示されたサイトがユーザーにとって良くわからない構成や
いつの間には違うサイトに進まされていた
などになるとユーザーストレスを感じてしまい
離脱します。そしてGoogleを使わなくなります。
 
そのようなサイトはGoogleは最も嫌います。
SEOで大切なGoogleに認めてもらうサイトを
ユーザー目線で制作しましょう。

■Googleがサイトを評価する3つの基準
 
Googleが最重要視する3つの評価基準(E-A-T)があります。
 
・Expertise    (専門性)
・Authoritativeness(権威性)
・Trustworthiness (信頼性)

 
 
・Expertise(専門性)は

ユーザーにとって課題解決、問題解決が解消できる記事が記載されているかどうか。
サイト記事内にはユーザーが求めるテーマが統一された内容が掲載されているか、、
ユーザーにとって高品質はコンテンツであるかどうか
 
・Authoritativeness(権威性)は
信頼できる第三者から評価、有名人からの評価されているコンテンツは、
価値の高いコンテンツであるという認識になります。
 
・Trustworthiness (信頼性)は
ユーザーが出来る価値ある情報であるかどうか、
専門家の後押しや実証を得られているかどうか
 
この3つの基準をサイトが致していると
Googleからは価値あるサイトとして認められ
SEO対策としても有効です。
 
Google目線は検索ユーザーにとって使い勝手が良いサイトかどうか
でアリゴリズムが判断しSEO基準を組み立てています。
 
ユーザーが思わず、SNSなど外部サイトにリンクしたくなる、
紹介したくなるようなサイト記事の掲載を意識してください。
 

この記事を書いた人

やましん

大阪府河内育ち
「戦略」をこよなく愛し日々勉強と奮闘しています(笑)。経営コンサルティング会社 ⇒採用・教育コンサルティング会社⇒WEB集客IT開発⇒独自のWEBブランディング手法で成約率96%実績達成。
これまでのご支援顧客様は500社以上。趣味はプロレス観戦の2児の父親、大阪在住です。日々zoomで個別相談コンサルティングをしています!
⇒■ココだけでしか無い!【WEB戦略&マーケティング記事!やましんブロブ】はこちら

 

WEBマーケティング一覧へ戻る】