menu

”WEB初心者専門” お客様を「ファンにする」WEBブランディグ型ホームページ制作

誘導しやすい流れを作ろう【コンテンツマーケティング】

公開日:2021年02月27日 カテゴリー:WEB戦略 タグ:,

【人を誘導しやすいコンテンツマーケティング】

コンテンツマーケティングは基本的に文字だらけで挿絵を添えた
テキストベースの読ませるコンテンツですが、読むことが好きなユーザーであればいいのですが、
中には時間短縮したい、読むの面倒といったユーザもいます。

そこで動画のコンテンツを追加するだけで、読むではなく、見る行為で
滞留時間を延ばせることもできますし、動画によって感情移入をさせやすく
することも可能です。

 

動画の挿入イメージは?

もちろんただ動画を入れて効果があるのか?
動画さえあればお客様は誘導されていくのでしょうか?

置く場所によって動画の内容も違ってきます。

①冒頭に動画を置く場合
→コンテンツの全体を説明する動画

②コンテンツ途中に置く場合
→途中で説明していた内容を詳しく説明する動画

③コンテンツ末に置く場合
→コンテンツをまとめた説明やその後を想像される動画

コンテンツは文字や画像で人を納得させる力があるのですが、
動画コンテンツは状況を説明したり、後押ししたりする流れを
つくることでユーザにアピールしていくことができます。

 

人が自然に流れるには

人を誘導させるコンテンツとしては、ユーザがコンテンツを
読みたいと思う内容が描かれていることが前提となります。

例えばECショップの場合、

物を購入する際に、お客様はその商品を購入しないといけない理由と
商品を購入したイメージが湧いてこそ実際に買い物かごに入れようと思う訳です。

それは誰もが体験していることだと思います。
心理的にも自分に必要なら欲しいと思います。

ですが、動画だけ見て購入したいと思う人はその場では少ないはずです。
「今年の運動会の時にカメラが必要になるな。」「あんなかっこいいカメラが使えればいいな」
という感想ぐらいではないでしょうか。

 

人を誘導しやすいコンテンツ

人を誘導しやすいコンテンツは
その商品を購入しないといけない理由が明確にターゲットを説得し、
その商品を使っている自分のイメージを湧かすことが出来るコンテンツになります。

実例で、目に見えてわかりやすいと思うのは、
通販テレビの商品紹介の流れなどわかりやすいですね。

何も考えず聞いていると購入しそうになる人は多くいるのでは?

 

まとめ

その商品紹介の流れを上手くコンテンツページに落とし込んで
みてはいかがでしょうか。

WEB戦略一覧へ戻る】