menu

”WEB初心者専門” お客様を「ファンにする」WEBブランディグ型ホームページ制作

SEOとSXOについて

SEOだけではなくSXOを意識したサイト制作デザイン

■Google重視の「閲覧ユーザーファースト」でサイト制作

Googleアリゴリズムの変化で近年ますますSEOだけでは上位表示は難しくなっています。
キャンテープでは「サイト訪問ユーザーファースト」の視点で
SEO対策とSXO対策をしたWEBサイトを制作いたします。

SEO Google側からの視点でサイト制作すること

SXO 閲覧ユーザー側の視点でサイト制作をすること

 
 

・SEO

SEOとは「検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)」
SEOはGoogleに自分のサイトの良さを認させるサイト設計を行います。
自社サイトのキーワード、メタタグ、記事コンテンツ、などの内部設計や外部サイトからの
被リンクを集めたりすることで、狙ったキーワードで上位表示することを目的とした施策です。


Googleが最重要視する3つの評価基準(E-A-T)を意識します。
・Expertise    (専門性)
・Authoritativeness(権威性)
・Trustworthiness (信頼性)

・ユーザーがストレスを感じない導線設計の作り方
・サイト内容で記事リンクがしっかり設計
 
 

・SXO

SXOとは「検索体験最適化(Search Experience Optimization)」
ユーザーは閲覧ストレスを感じさせることなくスムーズに目的ページたどり着ける設計で
サイト閲覧が出来るようにデザインがされているかの視点をSXOと呼びます。

・サイト表示スピードの速度アップ
・キーワードに沿った充実したサイト
・閲覧をしたユーザーの高満足度評価
・ユーザー滞在時間を意識した記事作成
・クリックボタンの位置、色、大きさなど分かりやすくデザイン

Googleから評価を最大限高められる制作をいたします。

Googleアリゴリズムを重視したSEOとSXOの視点でサイトデザイン制作をいたします。

 

WEBブランディングご支援実績600社以上ノウハウをご提供

 

大手、中小、BtoC、個人事業、あらゆる顧客様に通用する,
WEBブランディング手法をご提案いたします。
WEB初心者様のも完全バックアップ体制です。
WEBからファンを増やしたいとお考えであれば、是非お気軽にご相談ください。

★個別相談ではこんなことが分かります!
(例)
・自社の成果が出るSEO対策の考え方
・既存ホームページの改善できるポイント
・お客様のファン化する成功事例
・WEB戦略という考え方や概念
・集客できるキーワード
・最新のWEBマーケティング手法
・競合ライバルよりも反響を得る方法
・問い合わせが増えるホームページの見せ方事例