menu

”WEB初心者専門” お客様を「ファンにする」WEBブランディグ型ホームページ制作

【初心者向け】WEB集客はコラム記事から集めよう!【WEB戦略】

公開日:2021年02月18日 カテゴリー:WEB戦略 タグ:, ,


 
WEBサイトをせっかく制作してもまったくアクセスも無く
PVも無い状況が続くことは今の時代は当たり前です。
 
WEBサイトの競争も激しく、SEO対策も競合と差別化を図らない限りは
一向に上位されない時代になっています。
 
初心者様はWEB戦略を組み立てて、WEBサイトへの集客設計を組んで
いかなければいけません。

 
 
■WEBサイト流入に8割は下層ページである。

WEBサイトはトップページからのアクセスが
大半だろうと思われていれば、そればは大きな間違いです。
 
実はWEBサイトのアクセスの多く(8割)は下層ページ
と言われるトップページ以外から訪問されています。
 
もし、あなたのWEBサイトが5ページなら、
トップ以外の4ページからアクセスされる可能が高いのです。
 
しかし、4ページしか無ければアクセス数も
限りがあり、アクセス数も伸びません。
 
なぜならWEBサイトへのアクセスはユーザーがyahoo、Googleといった
WEB検索からキーワードを入力し、沢山の競合サイトが表示されます。
 
検索ユーザーの目に留まるように
検索キーワードで表示された中に
あなたのサイトが入っていないといけません。
 
4ページだけでは検索表示される可能性も少なくなります。

 
 
■コラムページを作り下層ページを増やす
 
検索ユーザーの目に留まりやすくするためには
検索されたときにあなたのWEBサイトを
表示される確率を高める事が必要になります。
 
基本的なSEO対策は
「タイトル」「メタキーワード」「h1」タグ
ぐらいしかできません。
 
5ページのWEBサイトでしたらSEO対策数も限られます。
 
そこで「コラムページ」を制作することがで下層サイトの
ページ数を稼ぐことが可能となります。
 
「コラムページ」を増産し、下層ページが増えれば
検索ユーザーへの表示率も高まり
目に留まりやすくなり、
あなたのWEBサイトへの訪問率も
高まってくるWEB集客ロジックになります。
 
「コラムページ」の1ページ1ページにはSEO対策を施し、
yahoo、Googleに受け入れられるページを作成しないといけません。
 
WEB戦略で本当に大切なことは
「コラムページ」でページを増産することではありません。
 
検索ユーザーが必要とする内容を「コラムページ」に掲載し、
訪問ユーザーが「コラムページ」によって、
ユーザーの課題、問題が解決されるページを制作することです
 
そのようなページを制作することでユーザーの滞留時間が長くなり、
yahoo、Googleからは信頼されているサイトという認識になり、
SEO対策としての上位表示が可能なサイトになります。
 

この記事を書いた人

やましん

大阪府河内育ち
「戦略」をこよなく愛し日々勉強と奮闘しています(笑)。経営コンサルティング会社 ⇒採用・教育コンサルティング会社⇒WEB集客IT開発⇒独自のWEBブランディング手法で成約率96%実績達成。
これまでのご支援顧客様は500社以上。趣味はプロレス観戦の2児の父親、大阪在住です。日々zoomで個別相談コンサルティングをしています!
⇒■【WEB戦略&マーケティング記事!やましんブロブ】はこちら

 

WEB戦略一覧へ戻る】