”WEB初心者専門” お客様を「ファンにする」WEBブランディグ型ホームページ制作
Close
Skip to content
WEB集客&ブランディング設計
WEB集客について
WEB attracting customers
■WEB集客マップ 
WEB集客&ブランディング設計
キャンテープが考えるWEB集客マップ
ホームページに新規顧客を集客(アクセス)させることは年々厳しくなってきています。
WEB市場はWEBサイトの飽和状態であるが、
企業や広告主はどうしても「yahoo」「Google」の土俵に頼ざらるを得ない状況です。  
WEB広告も「有料」になればWEB広告費はどんどん高騰しています。 
中小企業や個人事業主様のWEB集客は出来る限りWEB広告を活用することなく 
自社のオウンドメディア(ホームページ)へ集客できる仕組みがあるWEBサイトを制作することが 
自社資産を形成可能とし厳しくなるWEB集客市場を勝ち抜くことが可能となります。
キャンテープでは資産価値として残り、競合他社に負けないWEB集客の設計をご提案いたします。
WEBブランディングについて
WEB branding
■WEBブランディングの流れ
WEB集客&ブランディング設計
見込顧客が問い合わせに至るまでの一連の行動、感情、意志の移り変わりの流れをまとめた図
「ブランディング」とは「育成」という意味になります。   
 WEBマーケティングの世界では訪問ユーザーにWEBサイトで企業の価値を伝えて、  
 企業情報を配信伝達していくことで訪問ユーザーをファン化させる動きを示します。
WEB訪問のユーザーの市場は絶えず変化していきます。それに応じて企業はWEB販促活動も絶えず変化を行う     
必要があります。常にその時流の「カスタマージャーニーマップ」を作り、
 変化に対応していくことがWEBサイトから問い合わせや成約を増やす生き残り策です。
WEBマーケティングはサイト訪問ユーザーの心を掴む情報やコンテンツをホームページに投入し、 
ユーザーの行動に合わせた不安払拭やリテラシーを高めるハウツー系でブランディングが必要です。
上記図はWEBにおいて、見込顧客が問い合わせに至るまでの一連の行動、感情、意志の移り変わりの流れをまとめたものです。 
WEBマーケティングの「カスタマージャーニー」とは、 
WEBサイトに訪問したユーザーが問い合わせまでに感じている「不安、期待、疑問」の動機形成の移り変わりを言います。
キャンテープではサイト訪問ユーザーの一連の思考や活動を明確にすることで 
顧客と良い関係性を築き、問い合わせへと動機を育成するご提案をいたします。
■WEBマーケティングで見るべき箇所のKPI指標
WEB集客&ブランディング設計
「WEBマーケテイング」の一連の流れとして各ポイント見るべき指標(KPI)箇所になります。 
 例えば、ホームページから会員登録をしたファン層にメール配信システムなど接点を保ちながら
 顧客が欲しがる情報提供をすることで「信頼」関係が生まれてホット客化に育てていくことで
メールマガジンを閲覧しているユーザーはどんどん企業に信頼と共感を感じ、
ファンになっていくスキームです。
メールマガジン購読者には商品の必要性や価値を啓蒙する冊子を送付する、 
動画配信やメールマガジンを発信する、などで企業の価値啓蒙を行い次の移動を促し、
 商品の販促を行い購買行動につなげていきます。
「マーケティングオートメーション」はこれら顧客育成のためのアクションを  
顧客管理システムで程度自動化し、顧客をファンへと育成するようにしていく考え方です。 
人ではなくシステムで代用できる部分は上手く仕組みを作ってシステム導入をすることで、
 顧客育成をし、プロモーション効果を高めることが可能になるのです。
ホームページに来たお客様から貴重な個人情報(メールアドレス・LINE友達)をいただき、
お客様をファンへと育てる動きを行うことで、お問い合わせや購入の成約率を高めることが可能になります。
キャンテープのWEBコンテンツサービス
WEB初心者のお客様へ安心のホームページ制作サービスをご提供
WEBブランディングご支援実績650社以上のノウハウをご提供
大手、中小、BtoB、BtoC、個人事業、あらゆる顧客様に通用する,
WEBブランディング手法をご提案いたします。
WEB初心者様を完全バックアップでいたします。
WEBから売上を上げたい!とお考えであれば、是非お気軽にご相談ください。
ホームページ制作・WEB集客を優しくご解説いたします。