menu

”WEB初心者専門” お客様を「ファンにする」WEBブランディグ型ホームページ制作

WEBサイトは「ファーストビュー」が命です。【WEBマーケティング】

公開日:2021年01月20日 カテゴリー:WEBマーケティング タグ:

WEBサイトはファーストビューが命です。

■ユーザーに求められているものを考える

世の中には、見栄えが良く、デザインに富んだ
ホームページを保有している企業はたくさん存在します。

ただ、WEBはカッコ良ければ必ずしも成果が上がる、
というものではありません。

それは、「カッコいい」という感覚が企業側の
主観であるケースが多く、ユーザーが求めているもの
と合致しているとは限らないからです。

ユーザーは何を期待してあなたのサービス、
或いは企業ページを閲覧しに来るのでしょうか。

訪問した瞬間に、「何か違う」と思わせてしまったら
そのユーザーは別のサイトに自分の欲しい情報を
求めて、去って行ってしまいます。

■ファーストビューの重要性

ユーザーがまず初めに行き着くのは、ランディングページ。

ランディングページとは、ユーザーが最初に訪れるページ
を指します。
ホームページの場合は、そのサイトのTOPページになる
ことが多いのではないでしょうか。

そのTOPページのファーストビューこそ極めて重要です。
ファーストビューに以下の3つの要素がきちんと
存在しているかどうかで、効果は大きく変わります。

①誰のサイトか?
⇒運営元はどこなのか。

②どんなサイトか?
⇒どのような情報が得られるのか、他との違いは何か。

③何ができるのか?
⇒問い合わせ、資料請求、商品購入など、結果何ができるのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

■直帰率に大きく影響

ユーザーがページを開いてファーストビューで
この先を見たいかどうか判断するのは2~3秒、
この2~3秒の間に、3要素を捉えてもらえるか
が成果の第一段階です。

この3要素が一つでも欠けていると、
直帰率が高まる傾向にあります。

BtoBの企業で直帰率の平均は50~60%と言われています。
BtoCでは40~50%、ECサイトの場合は30%前後が目安です。

もし運営されているページの直帰率が平均値よりも
上回っているようであれば、ファーストビューを
見直すことが、改善の近道かもしれません。

WEBマーケティング一覧へ戻る】